fwdslogo

オーナー紹介

片山知子:FWDS Owner & ISP Inc. Founder

片山知子
片山知子

出身地 : 大阪府東大阪市
趣味 : 読書
好きな食べ物 : てっちり
モットー : 一日一生
尊敬する人 : 自分に克つ人
バイオグラフィー
フリーウェイ・ダンススタジオの前身は、東京音楽学院大阪校(スクールメイツ)で、渡辺プロダクションとOBC(ラジオ大阪)との業務提携の形で、1967年に大阪・西天満に開校されました。当時、2000名の若者がオーディションに殺到しました。以来1986年まで、スクールメイツとして、各TV局への出演〜番組オープニング・テーマや、松田聖子・西城秀樹・郷ひろみ・ジャニーズ系のタレントさん達の、バックダンサーとして活躍致しました。ちょうどその頃、その大阪校の理事長に就任されていのが、オーナーの片山知子。若干26才の時。1970年代後半には早くも(株)ISPを設立。ハーマンズ・クィーン、スクールメイツピープルとして、ポリドールやエピックソニーよりレコードリリースしました。もちろんテーマパークや御堂筋パレード、行政イベント等への出演は常連でした。
そして、1980年代には、USAでのMTVデビュー、ミュージカルレビューロングラン公演や中国(上海・北京・天津・西安)での文化交流公演に続きオーストラリア・ブリスベンでの国際レジャー博日本館でのレビュー公演等。帰国後、NHK全国ネットで全編中継録画にてOn Airされた、本格的なミュージカル公演へと続きます。これらをプロモーションしてきたのが(株)ISPでした。時代の変遷の中で、逸早く本場アメリカ(LA. NY.)に研修を重ね、アメリカよりダンス・インストラクターも招き、スクールメイツだったダンス大好き人間は、目もくらむようなダンサーへと成長しました。現在のISP/FWDSのトップダンサー「谷寿美」先生や綾瀬智子先生なども、元はといえば、スクールメイツの一員でした。そして、1986年春、アメリカ村の文化に着眼し、アメ村に新たにフリーウェイ・ダンススタジオとして創設されました。彼女自体も元はといえば、シンガーソングライター&DJ。時の全国ネット、NHK「土曜昼席」やMBS 「ヤングOHOH」でも、レギュラー出演されていました。ラジオ番組のレギュラーは数知れず、代表的な番組としては、FM大阪「片山知子のマイナー放送局」(1時間番組)等があげられます。当時、一年以上も続いた名物番組で、当時人気絶頂の「薬師丸ひろ子」さんや「桑名正博」さん等のビックタレントさんや、時の文部大臣「砂田重民」さんも彼女の番組にゲスト出演されています。
*(株)ISP設立以降の略歴については、
ISP会社沿革をご覧下さい。

Jazz, Ballet, HipHop, Tap – Osaka, Japan –

トップへ